製品紹介


HOME > 製品紹介 > BTCキャリア

BTCキャリア

この製品の動画を見る

損紙軽減に貢献

本装置はKKSが独自の構想で開発した1部つかみの新聞搬送キャリアです。
デリバリーファンより排出されるピッチに対して適正ピッチに補正し安定した紙列をセンターグリップでくわえる装置を装備し全ての折排紙ピッチに対応いたします。
薄頁から厚頁まで無調整で安定した新聞搬送を可能としました。
検紙装置と脱荷装置は毎時20万部の速度で安定して1部出しを可能にしたパルス制御のダブルカム方式を開発。

グリッパー

グリッパーは軽量で頑強な固定部と可動部からなり2つのコイルスプリングで新聞紙を中央で掴む自閉式のグリップ装置です。また開閉コロは特殊樹脂のため無給油でメンテナンスフリーです。

搬送キャリア

搬送キャリアはコロ軸受け、自在継ぎ手、カラーが樹脂成型と同時にインサートされ固定されているのでグリッパーと同じく、軽量・頑強でメンテナンスフリーです。

走行レール

走行レールは国内初のダブル走行アルミレールで曲がり、捻りが任意にでき狭い空間の走行が可能です。

脱荷装置・検紙装置

脱荷装置、検紙装置は両側にグリッパーレバーがあり、脱荷カムはダブル方式で無理なく開閉動作するため最高速で1部出しがスムーズに行われます。

キャリアの駆動

キャリアの駆動は、サーボモーターを使用しています。駆動爪7個のキャタピラ方式で負荷を分散しスムーズな走行を行います。折排紙ピッチとの位置制御は分解精度±0.1mmで行います。

載荷部

載荷部は、通常のコンベヤからのピックアップとIDCC(In Direct Catch Carrier)により折ファンから直接グリップし、センターグリップに直接受け渡す機構とがあり、排紙ピッチの乱れや頁数の変化などコンベヤ上で起こる不安定な状況を取り除き無調整で安定した搬送を行えます。

仕様

新聞サイズ 406.4×275mm
新聞頁数 2〜48頁(ブロード紙)、4〜96頁(タブロイド紙)
機械速度 最高毎時20万部
グリッパーピッチ 76.2mm
載荷ピッチ 100mm
駆動装置 シャフトレスによる分散駆動
搬送レール 軽量で高精度のアルミ押出成型品

備考

関連製品:サービスフィーダー
検紙やペースター時の排紙から選別された良紙をまとめて、既設キャリアに供給する装置です。

あかつき印刷(株)、(株)中国新聞広島制作センター、岩手日日新聞社 東台センター、十勝毎日新聞社、東日印刷(株)、(株)京都新聞印刷 久御山工場、みなと山口合同新聞社 下関印刷センター、(株)秋田魁新報印刷、東日印刷(株) 川崎工場、中央日報社、(株)毎日新聞首都圏センター 海老名工場、北陸中日新聞 幸ビル、仙台日刊印刷(株)、(株)京都新聞印刷 本社工場、信濃毎日新聞 塩尻製作センター、デーリー東北新聞社 新工場、コロンバス・ディスパッチ、(株)産経東京印刷センター 所沢工場、(株)中国新聞広島制作センター、中央日報社 釜山工場、中央日報社 江南工場、(株)産経東京印刷センター 所沢工場、(株)産経大阪印刷センター 北摂工場、岐阜新聞高速印刷(株)、 愛媛新聞ENP

(敬称略)



このページのトップに戻る